素足感覚のボールタッチを。足との一体感が進化したマイクロSKモデル。
アッパー全体に軽量マイクロファイバー「マイクロSK」を使用することにより、軽量化を実現。かかと部両サイドに配置した補強がハトメ補強と連動し、ヒモ締めによるフィット性が向上。
ナイロンとウレタンを組み合わせたアウターソールが、軽量性と耐久性の両立を実現。
アウターソール中足部に高硬度のウレタン補強を搭載。変形を抑え、キック時の力強いボールインパクトをサポート。


【カテゴリ】
サッカースパイク

【メーカー名】
アシックス/asics

【カラー】
パールホワイト×エレクトリックブルー

【アッパー】
人工皮革(マイクロSK)

【アウトソール】
合成底(ナイロン+ウレタン)

【インソール】
取り替え式

【対応グラウンド】
天然芝グラウンド、土グラウンド、人工芝グラウンド




■お支払方法・送料・お届け方法・返品交換などの詳細につきましてはこちらのお買いものガイドをご参照ください。

当店は国内正規代理店およびメーカー品のみの取り扱いになります。偽物やB級品・並行輸入品の取り扱いはございませんのでご安心下さい。

<<お買いもの時のご注意>>

お客様のPCやモバイル等の閲覧環境により、実物と色具合や質感が異なって見える場合がございます。ご了承下さい。

【在庫について】

当店は毎日在庫の管理を行っておりますが、店頭や他サイトでも同時に販売を行っているため、どうしても商品の欠品によりお客様にご迷惑をお掛けしてしまう場合があります。
その場合他店の在庫やメーカー等に在庫確認を致しますが、どうしても商品をご用意出来なかった場合は『他商品への差し替えのご提案』または『キャンセル』とさせて戴いております。
恐れ入りますが何卒ご了承下さい。

※尚、在庫の確認を承っております。お急ぎの場合はお問合せ下さい。

※当日又は、翌営業日中に在庫確認のご連絡メールを送らせて頂きます。尚、翌営業日中にもメールが届かない場合はお使いのPCでメールが届かない設定になっている可能性があります。その際は恐れ入りますが当店までご連絡下さい。

アシックス サッカースパイク DSライト X-FLY 2 MS TSI741-0039

家族・ネコ・スポーツ・淡路島が大好きなオヤジのラン日記

長野県では最近、ツキノワグマの目撃がニュースになっている。
ツキノワグマもそれだけ数が多いのだから、人との遭遇もあろう。

「ツキノワグマは猛烈に増えている」、とオイラは10年以上も前から言い続けてきた。
でも、ほとんど無視されてきている。
人がツキノワグマを目撃するなんてことは、ツキノワグマの行動では1/3000くらいの確率だと考えている。
目撃例より、気づかないところでツキノワグマが歩いていることのほうが圧倒的に多いからである。
そんなこと、確かなスキルをもって無人撮影ロボットカメラを駆使していれば簡単に分かることだからである。

そして、ツキノワグマは自然界で死体処理係を担っている「スカベンジャー」であることを忘れてはならない。
土葬時代だった大昔には、人の墓を掘って普通に食っていたハズ。
そこに気づけば、イマドキの日本列島の自然界の成り立ちと仕組みが理解できるというものだ。

◆◆ 【アシックス】 ASICS ゴールドステージ バットケース(3本用) BEB170 (0150:ホワイト×ネイビー) 野球 バットケース(beb170-0150-mkn-asb1)ZETT/ゼット バットケース 5〜6本入 BC755

ツキノワグマの数が少なければ、熊の肉がマーケットにこんなにも出てこないハズ。
田舎の居酒屋でも「熊肉あります」なんて手書きのメニューもけっこう見かけるしね…。
「熊の肉なんていくらでも届く」、農家のオバサンがそう語るくらいに普通になっているのもイマドキ…か。

カテゴリー: 旅・取材・人 | ツキノワグマの数は目撃例だけでは語れない はコメントを受け付けていません。

nycマラソンの時はロングアイランドシティーに行ったらダメという話

【特徴】モラハラ夫は人の迷惑は考えない!自分が良ければそれで良いネットがきっかけで知り合った「うつ」だった彼とうつギリギリ?だったわたし・・現在進行中のお話です

春本番となって我が家の畑にナズナが満開になると、「ハタネズミ」が活動をはじめる。
畑のあちらこちらに、ネズミの穴が開く。
たぶん、この穴は「ハタネズミ」だと思うが、まだその正体がつかめていない。
ここ数年間、毎年のごとく正体撮影に頑張るのだがまだ成功していないのである。
オイラの無人撮影ロボットカメラ技術には絶対的な自信があるのだけれど、モデルの出演拒否に遭っているようだ。

このようなチャンスは、一週間ほどしかない。
いろいろな実験を繰り返しているのだが、今年も失敗に終わるのかも知れない。
ヒメネズミやアカネズミなどは簡単に撮影できるが、ハタネズミには手こずっている。

そう思っていたら、2日目にして撮影ができた。
なんと、アカネズミ…だった。
ハタネズミを期待していたのに、アカネズミが撮影されてアカネズミの生態的意味が見えてきた。
アカネズミはナズナの茎芽を土中の穴のなかに引きずり込んでいたから、ナズナにもかなり依存して生活していることが分かった。

これは、標高的にも意味がありそうでハタネズミはもっと低標高地にいるのではないのか、と思うようになった。
やっぱり、このようなことはやってみないとワカラナイことだ。
なので、次には「ハタネズミ」狙いで場所を変えてやってみたい。
それにしても、スズメまで撮影されるのだから自然界はほんとうに「黙して語らない世界」だ、ということに改めて感動した。

赤矢印先の穴がネズミの巣穴玄関…。

「黙して語らない」自然の世界を知るには、まずは撮影スキルをあげて実行してみることが大切。
Celtic F.C. Colour Stripe Ring Medium / セルティックFCカラーストライプリングミディアム(20%OFF)RE-TAKE フィオレンティーナ Established パーカー(ホワイト)(サッカー ウェア フーディー スウェット)

オステオパシーのメリットとは!安心できる施設選びのポイントもご紹介します!家族・ネコ・スポーツ・淡路島が大好きなオヤジのラン日記 【SALE20%OFF】【GS018】GRANDE スウェット ラインプル パーカー ホワイト【グランデ/サッカー/フットサル/サポーター/ジャケット/アウター】

nycマラソンの時はロングアイランドシティーに行ったらダメという話 カテゴリー: 旅・取材・人 | 庭先の畑にできたノネズミの巣穴 はコメントを受け付けていません。

離婚危機から夫婦関係修復までの経緯や行ったこと

名産食品だけでない!アパレル 岡山デニムも!とっとり・おかやま新橋館フラワーアレンジレッスン作品と笑顔をご紹介しています◆◆ <ミズノ> MIZUNO ヘルメットケース 2PC5090 (09:ブラック)

日本列島では、カラスがいよいよ繁殖期に入った。
その昔、カラスの巣だけを求めて日本中をさまよったので、いまでもカラスの巣はカンタンに見つかる。

本州全域で100巣を覗いて、北海道で50巣を覗けば、とても面白いことに気づく。
カラスの行動などを語る研究者はいるが、巣からカラスの習性や内臓器官を語れる人はいないのではないか?
カラスの巣を見ていると、行動学よりも医学や薬学での発見があるように思えてならない。

このような発見をするには、まず、木登りができなければならない。
カラスの巣まで木をよじ登って、両手を離してカメラを構えて、巣を記録する。
木登りも、撮影技術の内だと気づく。もちろん、研究者や専門家と称する人たちだって、木登りは語り部スキルの内…。
そして、巣を覗いて持ち込まれている材料で何に気づくか、ということだろう。

ある野鳥保護団体は、野鳥の巣の写真を撮影してはならない、とアピールしている。
規制、規制が、自然界の新たな発見を遅らせてしまうことにも問題があろう。
いま、カラスの話題を聞くたびに、自然界を目撃する視点が30年以上も遅れているように思えてならない。

オイラは、自然界で起きている不思議だけに興味がある。

SSK/エスエスケイ ヘルメット兼キャッチャー用具ケース BH3000EASTON(イーストン) Z7 ハイパースキン バッティンググローブ US限定 サイズM (黒, M) 並行輸入品

人工物に巣づくりするカラスが増えはじめて、このような「看板」から「巣の撤去」へと方針転換がどの時点で行われていくのかを見届けていくのも、自然界の報道写真家としてその時代の社会と人間心理を語る重要テーマだと考えている。

カテゴリー: 少年軟式 グラブ ベリフニ オールラウンド ミズノ(mizuno) 【野球・ソフト】 ジュニア グローブ 左投げ (1AJGY18820-47H) | カラスの巣から見えてくるもの… はコメントを受け付けていません。

アナと雪の女王2 限定デザイン♡スノービューティー ホワイトニング トーンアップエッセンス

20190326

去年の今頃は、自宅の畑にレンジャクが立ち寄っていった。
ヒレンジャクとキレンジャクが無人撮影ロボットカメラに撮影されて、レンジャクの立ち寄りを知った次第。
なので、今年はどうだろうかと待っているのだが、今のところそのような気配はない。

オイラの無人撮影ロボットカメラは、「カメラトラップ」だ、と考えている。
山の猟師でいうところの「罠」。
海の漁師でいうところの「定置網」。

なので、獲物が乗ってくるのを待っていれば、そのトキドキの環境調査もできると思っている。
人間の目視には期待もできるがかなりいい加減で、見ていなければまったく「知らない」ということで終わってしまう。
それが嫌で、オイラはカメラの目をたくさん借りながら、自分自身の確かな答えを求めているだけ、なのである。

カテゴリー: ボルコム ユニセックス 保温 ネックウォーマー (フリース) J5551903 / Removable Neckband 帽子 スノーボード | 無人撮影ロボットカメラは「カメラトラップ」だ はコメントを受け付けていません。